スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ゲイのとっての幸せ

 2010-02-06

幸せってなんじゃろない?


最近ふとした瞬間、今更そんなこと思ってるんですか?あんた?っていう自分の声が聞こえてきそうな事を考えてしまう。

いつもならpcで今晩のおかずを探していたほうがよっぽど有意義な時間をすごせているはず。
だか、今日はなんか違うみたい。20代後半、自分がまだよくわかっていないなと思い知らされる。



ゲイにとってに幸せとは?

仕事?趣味?恋愛?


まあ、幸せなんて人それぞれなんだから、ゲイにとってに幸せって言葉もどうかと思うけど。幸せなんて本人次第。そんなのわかってるつもり。でも不安はき消えない。


ここで言ってる幸せとは、人生のことなんだろう。多分



仕事に生きるにが一番いいのいかもしれない。男だし(心は違うやつもいるが)世間体を気にしなければ、独身で働きまくるのはごく自然なことだ。それになんだかかっこいいし。



趣味に生きる?ゲイはお金もってるし、センスもいい。海外ドラマのワンフレーズみたいだが、まあ当たってると思う。所帯と持たないからお金を自分の為だけに使える。
趣味が高じて転職した人もいる。お金と時間をかければ一流になってくるのだ。



恋愛?これぞオカマの生き方。
結婚というゴールがない僕らは、一生恋愛ゲームのままだ。はっきり言って、つらい。何がつらいのかと言われてもとにかくつらい。知りたい人は生涯独身でいることだ。
そして、このゲームもコンティニューし続けなければならないのだ。

だが友人が言う。『ゲイは恋し続けているから輝いているんだね!』 それはフォローしてくれているようで、全くされてない褒め言葉だったのを覚えている。




だいたいこんな文を書くと、結婚ができないから他に幸せを求めているようにしか聞こえない。やはりほとんどの人にとっての幸せって結婚なのだろうか?それとも、そんな世の中に感化されているだけ?自分が幸せと感じても、他人にわかってもらわなければ、それは違うのか?

いろいろ疑問がでてきたが、何かに生きがいを感じていればそれなりに幸せもつかめているだろう。むりやりそう思うことにした。










「いま何時ー?」




「いま鼻血ー!」




チャリで公園を横切ったときに聞こえてきた子供の会話。


あー、日本は幸せだなーっと、ちょっとだけ幸せを感じた瞬間だった。

スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。